医者

ホルモンの乱れで起こる更年期障害の症状|努力だけで改善は難しい

探し物を見つけるために

男女

仲間がいれば見つけやすい

目に見えないほど小さなモノを探したい時に有効な手段として定番なのは、大きな目印となる相手と結合させることです。そうすることで目的のモノを探すのではなく、目印を探すことで結果的に見つけることが出来てしまいます。免疫沈降とは、抗原と抗体により出来るかたまりです。抗原と呼ばれる探したいものに、抗体という大きな目印を結合させることで生成されるのです。研究のために用いられる定番の手法であり、目に見えないほど小さなモノを見つけることに効果を発揮します。また抗原にどんな抗体を加えるのかで、免疫沈降の仕方や量が異なり、効率的に収集するためには種類に応じて手法を変えることも重要です。とても古典的な手法ですが簡単に行えることもあって、今でも広く研究の現場では用いられています。

成功の秘訣とは

免疫沈降法とは、タンパク質溶液に特異抗体を加えることで、目的のタンパク質を精製するための手法です。しかし実際の環境では、特異抗体を持たなかったり、免疫沈降しないなどによって、うまく行えないケースもあります。そんな時にでも、epitope-tagを加えることで問題が解決し、目的のタンパク質を精製することが可能になります。1回目の抗体に加えて、さらに2回目の抗体を加えることも珍しくはなく、特に後者場合にビーズと呼ばれるものを使用することがあります。このビーズにも種類があって、結合したタンパク質が見つけやすくなるものや磁気的な性質を持ち、検出がスピーディーに行えるなど、目的に合わせて選択することが可能です。