医者

ホルモンの乱れで起こる更年期障害の症状|努力だけで改善は難しい

足の健康で身体を健康に

男女

健康な足でいるために

人間の体に流れる血管には動脈と静脈があり、動脈では心臓から送り出された血液を体中に流し、静脈では心臓へ血液を戻す働きを行っています。足の静脈では常に重力に逆らった状態で、血液を下から上に送る働きをしており、血管の中にある弁が破壊される事で下肢静脈瘤になります。血液を足の方から心臓へ流す事を静脈還流と呼び、これをスムーズに行う為には呼吸によるものや筋の収縮による筋ポンプ作用の働きを促進させる事が大切です。足の筋ポンプ作用は、歩いたり足を動かしたりした時に筋肉が張ったり緩んだりする動きによって血液を押し上げ、心臓へ血液を運びます。それに合わせて血液の逆流を防ぐ静脈便が働く事で、血液をスムーズに心臓へ戻す事ができるので、両方が上手く働く事で下肢静脈瘤を予防する事ができます。

早期治療によって改善する

下肢静脈瘤は足の血管の病気であり、足がむくんだりだるさを感じたりする事で、生活の質を低下させてしまいます。足の血管が浮き出て見えたり、足の色素沈着が起こったり、足に潰瘍ができたりと他の膝疾患や脊柱管狭窄症とは違った症状が出るので注意が必用です。下肢静脈瘤は立ち仕事を続けている人であったり肥満や便秘の人もなりやすく、遺伝によるものや妊娠が原因で起こる場合もあります。保存的治療として、生活習慣を改善したり弾性ストッキングを着用したりして症状を改善したり進行を予防する事で治療を行います。静脈瘤に薬を注射して固めてしまう硬化療法や、手術によって静脈を切除したりする治療法、高周波やレーザーを使用する血管内治療で改善する事も出来ます。